驚異の読取精度。QR/2次元/JAN。DS-5300。
低価格でマルチI/F。USB/LAN両対応レシートプリンタPRP-250
POSソフトもお任せ!導入支援サービス、出張サポート、保守サービス、オーダー開発等。まずはこちらからご相談ください。
超軽量でバイブする!バーコードリーダーCCDタイプFK-700V
物体検知機能搭載。高性能バーコードスキャナーKS-5300
新規会員登録

商品検索検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カレンダー営業カレンダー

2017年3月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤字は休業日です

バーコードを探せ!どれを選べばいいの?どれが向いているの?迷ったらまずはクリック!
FAXでのご注文。FAX注文書をダウンロード&印刷し、必要事項をご記入の上、FAXしてください。FAX:052-891-2617。FAX注文書はこちらから。
TrilogyOnlineStore Facebookページ。最新情報をチェック!
Twitter TrilogyOnlineStore。最新情報をチェック!

モバイルサイトQRコード
http://www.trilogy.jp/

SSLとは?

SSLとは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。SSLでパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、プライバシー情報やクレジットカード情報などのデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

Trilogy Online Storeでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、コモド社のSSLサーバー証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

  • ホーム
  • バーコードリーダーの選び方

バーコードリーダーの選び方

無線式バーコードリーダー 2次元コードスキャナー ペン型スキャナー CCDスキャナー(タッチ式) ロングレンジCCDスキャナー レーザースキャナー

☆ よくあるご質問 ☆

Q1:タッチ式CCDスキャナーの3機種はどう違うのですか?
A1:読み取りの性能は、TSKシリーズとCCD-7000では大きな差はありません。
Z-3110・CCD-1600は読み取り性能が若干高くなっております。
連続使用した際の信頼性・筺体の丈夫さにおいて、Z-3110が若干優れていますので
業務で長時間の連続使用をする、また工場等の埃の多い環境で使用する際にお勧めです。
また、CCD-1600・CCD-7000は本体が小さいため、手の小さい方でも持ちやすくなっています。
その分読み取り可能な幅も小さくなりますので、読み取るバーコードの幅をご確認ください。
Q2:インターフェイスの選び方について教えてください。
A2:パソコンにUSBポートがある場合、ポートに差し込めばすぐに使えるUSB接続がお勧めです。
PS/2接続はパソコンのPS/2ポートに接続し、分岐したケーブルの先にキーボードを接続して使用します。
稀にパソコンとの相性問題でうまく動作しない場合があります。
RS232C接続はシリアル通信の制御を行うため、専門的な知識が必要です。
Q3:CCDスキャナーとレーザースキャナーの違いは?
A3:レーザースキャナーの方が読み取り性能が若干高く、細かいバーコードの読み取りに適します。
また、レーザーがくっきりと見えるので、小さいバーコードにも狙いを定めやすくなります。
CCDスキャナーは内部に稼動部品がないため、衝撃に強く、壊れにくいという長所があります。
また、レーザースキャナーに比べて安価に入手できます。
タッチ式のCCDスキャナーは2cm以上離れたバーコードを読み取れないため、読み取りウインドウより
幅の広いバーコードの読み取りができません。
バーコードリーダー機能比較表
ページのトップへ戻る